実習レポート

幼稚園実習を終えて|道灌山学園保育福祉専門学校

投稿日2021/7/2

私は2年次の春季一斉実習期間に埼玉県川越市にある私立幼稚園にて2週間の実習を行いました。そして、年少クラス→年中クラス→年長クラスと、全てのクラスに入らせて頂いたので、こども達の成長や発達などが分かり、年齢に合わせた保育を学び実践する事ができました。2週目には責任実習もさせて頂きました。事前に自宅で沢山の保育技術の準備やピアノの練習をしていても、実際にこども達の前に立つと、準備不足だったり説明が足りなかったりと、反省する点が沢山ありました。くじけそうになる事もありましたが、こども達が私の話す事に一生懸命耳を傾けてくれたり、私の考えた活動を楽しそうに遊んでくれたり、その熱心な姿に助けられ、1日の責任実習を終えることができました。

私は、この実習で保育の大変さ・難しさを感じるとともに、またこども達と接する楽しさや喜びも感じました。そんなこども達の笑顔を見ると、改めて保育の魅力を再認識しました。

現場では、思っていた事など全てにおいてこども達の前では通用しなかったり、上手くいかなかった事が多くあり、自信を無くしそうにもなりましたが、保育後の反省会で、先生方に沢山のアドバイスをして頂いたり、私が不安に思っている事に対して相談に乗って頂いたりすることで、不安が解消され自信をつける事ができました。お忙しい保育の中で優しく丁寧にご指導して頂き、すべての先生方にとても感謝しています。

私は今まで実習で沢山の失敗をしました。しかし、失敗から学んだことが沢山あり、失敗をマイナスに捉えず、そこから気付き、学んでいく事で成長することができたので、今後の自信へと繋がりました。もう少しで卒業・就職を迎えますが、これまでの経験を生かし、常に初心と反省を忘れず、成長し続けられる保育者になりたいと思います。