幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会
文科省認定専門学校で幼稚園教諭・保育士になろう!! > 保育士・幼稚園教諭を目指す専門学校の就職状況

保育士・幼稚園教諭を目指す専門学校の就職状況

幼稚園教諭・保育士を目指す専門学校の就職状況はおおむね良くなっています。

待機児童は依然多く、より充実した保育環境が求められ、自治体による子育て支援策も盛んになり、保育者の求人は増加傾向にあります。

全幼教加盟校では就職希望者のほとんどが資格を活かし、希望する「幼稚園」「保育園」などの職種・職場へと就職を決めています。

全幼教加盟校が就職に強い理由

①歴史のある伝統校

②求人の多さ

③実学に秀でた教育内容

全幼教加盟校は伝統校が多く、各地で働く卒業生が各職場で高い評価をいただい ているため、「この学校の卒業生なら安心」という良い評価と伝統を築いています。 卒業生の中には園長・施設長や主任の先生として活躍している方も多く、就職活動 を行う際に、多々ご協力をいただいております。

専門学校と大学との違い 指定校と併修校の違い 専門学校と大学の就職率の違い

幼稚園の先生・保育士になった先輩インタビュー

大学卒業後に専門学校へ。春からは公立保育所の保育士に。

就職してからも日々勉強ですが、
子どもたちのためなら頑張れます。

森 知里さん 蒲田保育専門学校ふぞく幼稚園勤務

自分が通った保育園の保育士さんが素敵な方で、自分もあんなふうになりたいと、幼児教育・保育の道へ。
専門学校で学び、その附属幼稚園に就職した森さん。先生歴は4年になります。

楽しくて、ためになる2年間だったと思う。

実践力を身につけるなら専門学校。高校の進路指導でそう言われて専門学校を選択。実際の現場もよく知りたかったので、附属幼稚園のある学校に決めました。2年制はたしかにハードですが、頑張る力が身について、とても楽しくてためになる日々を送ることができました。

実習の経験は、仕事の中で学ぶ姿勢にもつながった。

実習では自分の力のなさを知り、心が折れることもありました。でも、そうした経験を通してこそ、大切なことが学べたのです。幼稚園の先生は、就職してからも日々が勉強です。今、そこで失敗から学ぶ強さがあるのは、専門学校時代の実習で鍛えられたおかげかもしれません。

子どもは先生を選ぶことができないから。

子どもは先生を選ぶことができないから。

子どもは先生を選ぶことができません。だから私たちは精一杯、良い先生であるよう努力を続けなければなりません。子どもたちに「毎日幼稚園に来たい。お休みなんてなければいい」「次は何をするの?」と目を輝かせて言ってもらえる保育や教育をしていきたいです。

 

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

大学とは違う専門的な授業!

専門性の高い授業

専門学校の実習レポート 専門学校の名物先生

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

 
ページトップへ