幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会
文科省認定専門学校で幼稚園教諭・保育士になろう!! > 幼稚園の先生・保育士になれる専門学校で学ぶ専門的な授業

幼稚園の先生・保育士になれる専門学校で学ぶ専門的な授業

短期大学(短大)では一般教養が多いですが、専門学校では幼稚園・保育園で働くために専門的な授業を学びます。出来る人も出来ない人もまずは基礎をしっかり学んでから応用に入ります。応用では子どもたちを楽しませ心を通わせる技術を学びます。多くある専門的な授業の中から「ピアノレッスン」「体育」を紹介します。

苦手でも未経験でも安心、充実のピアノレッスン

苦手でも未経験でも安心、充実のピアノレッスン

幼稚園の先生や保育士に欠かせないのがピアノ。未経験だったり、苦手意識があったりすれば不安を覚えるのも当然です。実際、多くの先輩たちも、入学前には不安だったと語っています。

でも、大丈夫。文部科学省・厚生労働省指定の専門学校では、ピアノの台数やレッスン環境が充分に整えられ、マンツーマンや少人数でのレッスンも充実。さらに、入学前の補習があったり、放課後に自由に練習できたりと、苦手な人や未経験の人も、ちゃんと弾けるようになるような体制が整えられています。

「一人ひとり本当に丁寧に教えてもらえるので、着実に上達しています」「弾き歌いのレパートリーが増えてくると楽しくて」…あなたもそんな先輩たちに続きましょう。

仲間と触れ合うことも成長につながっていく体育

仲間と触れ合うことも成長につながっていく体育

子どもたちを楽しませたり、身体能力を伸ばしたり、身体と身体の触れ合いから信頼関係を築かせたり。幼児教育の中で、身体を動かす指導はとても大切です。そして、そのためには、実際に自分の身体を動かして学ぶことが何よりです。

実践的な勉強が中心となる専門学校では、身体を動かす体育の授業も充実しています。例えば、写真は蒲田保育専門学校のある日の体育で、組み体操の練習中。グループごとに倒立や扇、ピラミッドなどを次々と披露していきます。

組み体操の楽しさや難しさ、安全で効果的な指導法を体得することはもちろん、仲間と手をつないだり、身体を支え合ったり、他では得がたい経験が教育者としての豊かな成長につながるのです。

幼稚園の先生・保育士を目指す先輩インタビュー

子どもに関わる仕事の可能性を広げていきたいと思っています。

子どもに関わる仕事の可能性を
広げていきたいと思っています。

杉村 奈津紀さん

2年間で確実に2つの資格と実践力を得たかったから。

いつも子どもと触れ合える、先輩からも学べる環境が魅力的。

いつも子どもと触れ合える、先輩からも学べる環境が魅力的。

苦手なピアノも上達、毎日が充実していて楽しいです。

 

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

大学とは違う専門的な授業!

専門性の高い授業

専門学校の実習レポート 専門学校の名物先生

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

 
ページトップへ