幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会
文科省認定専門学校で幼稚園教諭・保育士になろう!! > 文科省・厚労省指定校と短大通信等併修校の違い

文科省・厚労省指定校と短大通信等併修校の違い

専門学校と大学との違い 指定校と併修校の違い 専門学校と大学の就職率の違い

point指定校と併修校とは?

指定校・併修校イメージ

保育専門学校には文部科学省・厚生労働省に指定された「指定校」と指定されていない「併修校」の2種類あり、それぞれの学校において免許・資格取得の方法及び取得できる資格が異なります。

point指定校と併修校で取得できる
資格の違いとは?

「指定校」では卒業と同時に「幼稚園教諭2種免許」及び「保育士資格(※1)」(いずれも国家資格)が取得でき、専門誌の称号も付与されます。

「併修校」では、多くの場合、厚生労働省のみの指定のため、幼稚園教諭免許は短期大学等の通信教育課程を併修し、取得を目指すことになります(通信教育課程を修了しないと幼稚園教諭免許は取得できません)。

この併修制度を実施している専門学校は、現在、2年~3年制課程で、専門的な授業科目はもちろんのこと、幼稚園教諭免許や保育士資格の取得のために、短期大学等での通信教育課程の授業科目の履修、夏休み等に一定期間のスクーリングがあり、学費についても専門学校の学費とは別途徴収のケースがほとんどです。

所定の単位をすべて修得すると、卒業と同時にその専門学校で「保育士資格」を取得し、専門士の称号が付与されます。また、短期大学の通信教育課程にて「幼稚園教諭2種免許状」を取得し、短期大学士の学位が授与されます。

(※1)「保育士資格」は、「指定保育士養成施設卒業証明書」を取得し、登録事務処理センターにて登録手続きをすることで得ることができます。

保育士資格取得2つの方法

保育士を取得するためには、主に以下の(A)(B)の2つの方法があります。

(A) 高等学校卒業後、大学・短期大学・専門学校等の指定保育士養成施設(認可校)に入学し、所定の単位を修得して卒業と同時に登録手続きをし、取得。
(B) 保育士試験に合格し、登録手続きをし、取得。ただし、受験資格がないと試験を受けることができません。

※取得できる資格は同じですが、(A)の方が一般的で専門教育が受けられるという点ではメリットがあります。

指定校
併修校

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

大学とは違う専門的な授業!

専門性の高い授業

専門学校の実習レポート 専門学校の名物先生

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

ページトップへ