幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会

幼稚園・保育園の先生になる専門学校
聖ヶ丘教育福祉専門学校

聖ヶ丘教育福祉専門学校の名物先生

聖ヶ丘教育福祉専門学校実習レポート

― 保育者とは「子ども理解」―

乳児保育
山下佳香

学生の皆さんに「なぜ、幼稚園の先生や保育園の先生になりたいと思ったのかな?」と質問をすると、大半の学生が「子どもが好き」「子どもって可愛い」「子どもと一緒にいたい」・・・、だから「子ども相手の仕事=保育者」に就きたいと言葉が返ってきます。では、「好き・可愛い・一緒にいたい」という思いがあれば、簡単に保育者になれるのでしょうか。答えは、「なれません」。それは、保育者として一番大切なこと「子ども理解」が求められるからです。つまり、「子ども理解」とは「子どもの世界観を理解する」と言うことなのです。皆さんの子どもの頃の様子を思い出してください。手づかみで口の周りをいっぱい汚しながら食べていたこと、水溜りの中を何回も飛び跳ねて音を楽しんでいたこと、砂場で泥団子をたくさん作ってままごと遊びをしたこと、新聞紙を丸めてボール遊びゲームをしたこと、大人が手伝おうとした手を跳ね除けて意地でも自分で靴を履こうとしていた姿、初めてのプールが嫌で泣いていたことなどなど・・・、様々なことがあったと思います。それは、時には大人からすると迷惑な行為だったり、意味のないものと捉えられるかもしれません。しかし、その一つ一つが子どもだからこその大切な経験・体験であり、「子どもの心の成長」に大きく関係があるのです。決して先を急ぐことや、見た目や結果ばかりを求めてはいけないのです。つまり、子どもは大人を小さくしたものではなく、子どもは子どもなりの世界観があるのです。どうしても大人は、見た目のきれいさや出来ばえなどを気にして、結果を早く求めたくなり、失敗や不安・戸惑いといった負の経験をさせまいと、言葉数が多くなり、大人の思いを押し付けてしまうことも多々あるように感じます。私は、出来るだけ子どもだからこそのユーモアや発想力、素直さや独創性などを大切にすることこそが「子どもの世界観」であり、周りの大人はその子らしさを認め、伸ばしてあげることが「子ども理解」に繋がっていくと思います。子どもにとって初めての集団生活が、幼稚園や保育所であり、そこで出会う保育者の存在はとても大きな影響をもたらしています。私が幼稚園や保育所の現場生活の中で感じたことは、保育者は優しい笑顔で、あたたかく思いやりをもって、子どもたちを迎えることが一番大切だということです。子どもたちは、保育者のまなざしから「安心感」が湧き、人を信頼していく思いが出来てくるのです。人格形成の基盤は、初めての集団生活で出会った保育者との「信頼関係」が根底にあるといっても過言ではないと思います。それだけに、保育者の仕事はとても重要であり、保育者になるためには甘くないのです。保育者を目指す学生の皆さんにとって、一番大切なことは、「自分自身を知り感性を高める」ことです。それは、積極的に様々なことを経験し、その中で自分の長所や短所、生活習慣や自分自身では見えなかった面を直視・改め、「人格者」を目指すことです。それが「保育者の資質」へとつながっていきます。子どもたちは十人十色です。五感をフルに使って様々な発見をします。その子どもたちの一人一人の気持ちや成長・発達を見守り、受け止めていく「大きな心の器」が保育者には求められます。保育者自身が、いろいろな経験をし、様々な感情や気持ちになり、「感性を磨いていく努力」をしていくことが、「魅力的な保育者」=「子ども理解が出来る保育者」=「楽しめる保育者」になれるのです。

聖ヶ丘教育福祉専門学校実習レポート

私は、日々の授業が「学生の感性を豊かに」を目標として内容を考えています。まず、人としての常識的なこと(身のふるまいや挨拶など)を見直します。そして、保育者の専門的な知識を身に付ける机上の学習だけではなく、友達同士でテーマに基づいて話し合いをすることや、自分の考えを整理してみんなの前で発言すること、まとめたものをポスター発表や、手や体を動かす手遊びやリトミック、制作遊び、絵本の読み聞かせなど・・・90分の授業の中で、五感をフルに使う授業を目指しています。そして、「出来ない、失敗」という思いをたくさん抱き、どうしたら乗り越えられるか挑戦する気持ちで何度でもチャレンジしていくことによって、他人の気持ちを理解することが出来るのです。

聖ヶ丘教育福祉専門学校実習レポート

皆さん、幼稚園・保育所の頃に出会った先生を思い出してください。「泣いていた自分に優しくしてくれた」「先生が色んな面白いことをしてくれた」・・・、そんな先生に「毎日会いたい」と思っていたのではないでしょうか。「嬉しい」「楽しい」「面白い」・・・こんな経験をたくさんの子どもたちと共感できる保育者を一緒に目指しましょう。あなたこそが、子どもたちの「憧れのモデル」になるのです。

聖ヶ丘教育福祉専門学校の資料請求

資料請求

聖ヶ丘教育福祉専門学校のオープンキャンパス

体験入学スケジュール

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

ページトップへ