幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会

保育園の先生になるには

保育園の先生になるには
保育園の先生の仕事 保育園の先生の1日 保育士の資格

絵本の読み聞かせ、遊び、運動会、遠足など、
子どもたちの世話をしながら心の豊かさを育みます

●「子どもが大好き!」という人にぴったりの仕事。子どもたち1人ひとりに目が届く細やかな性格と強い責任感が求められます。

●保育士とは、両親や家族などの保護者に代わって、児童の保育にあたる専門家のこと。子どもの年齢に合わせて、生活全般にあたる指導をします。

●保育の対象は、赤ちゃんから、小学校に入学する前の子どもまで。ミルクをあげたり、おしめを取り替えたりすることも大切な仕事です。

●幼稚園の先生(幼稚園)が文部科学省のもと「教育」の面から保育を行うのに対して、保育園の先生(保育士)は厚生労働省のもと「福祉」の面から保育を行います。

●保育士の働く現場には、保育園(保育所)や児童養護施設、障害を持ったこどもたちの施設も含まれます。

●日常生活を送るのに支障があるお年寄りや障害者に対して、健康的な生活が営めるように援助するのも、保育士の大切な仕事です。このように保育士は、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広く指導や援助を行います。

point保育士の仕事内容

photo

■乳児クラス 授乳・睡眠・おむつの取り替えなど

■幼児クラス 食事やトイレ、着替えの補助

■その他   保育記録・保護者との連絡

point保育士の主な職場

■公立保育所(園)、私立保育所(園)、こども園、児童福祉施設、学童保育施設など

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

大学とは違う専門的な授業!

専門性の高い授業

専門学校の実習レポート 専門学校の名物先生

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

ページトップへ