幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会
文科省認定専門学校で幼稚園教諭・保育士になろう!! > 幼稚園教諭・保育士になるための関連情報

幼稚園教諭・保育士になるための関連情報

少子高齢社会の中で、子どもの健全な成長発達を保護者とともに担う重要な専門職である保育士を養成する学校を会員とする団体です。国都道府県の“保育士試験”指定機関として、全国的な規模で保育士試験を全面実施しており、保育士に関わる多様な人材を学校教育と試験の両面で確保する事業を行っています。
保育士試験の受験資格、試験の申込み方法やスケジュール、各都道府県別の試験会場のご案内、よくある質問をQ&A形式で公開しています。・過去の保育士試験問題

point保育士の登録
(保育士登録機関 登録事務処理センター)

児童福祉法改正により「保育士(保母)資格証明書だけでは「保育士として業務に就くことができません。都道府県への登録が必要です。
保育士登録申請手続きについて

文部科学省 幼稚園教員資格認定試験の案内
※幼稚園教員資格認定試験とは保育士として一定の在職経験のある方が、幼稚園教諭免許状を取得する認定試験

学校教育法で、指定された学校の種類(学校種)は、教育行政の姿勢と方向付けを示している学校教育法は、小学校6年、中学校3年、高等学校3年、大学4年、幼稚園、高等専門学校5年、中等教育学校、特別支援学校(以上第1条校)のほか、専修学校や各種学校などについても定めている。

児童の福祉を保障する児童福祉の基本法です。すべての国民は、児童が心身ともに健やかに生まれかつ育成されるよう努めなければならないこと、国および地方公共団体は、児童の保護者とともにその責任を負うことを理念として明示しています。18歳未満の児童に対する福祉施策のため、児童福祉審議会や児童福祉司、児童委員、児童相談所、福祉事務所、保健所に関する規定や、福祉の措置および保障、事業、施設、費用などについても定められています。

幼稚園教育要領とは、文部科学省による幼稚園の先生が子どもを保育する際に基準としている子育て、学習要領のことです。

子ども達が自分の将来の仕事や職業を考えるにあたって、その世界を見たり、感じたりすることができる『入り口』となり、一人でも多くの子どもたちが、天職と思えるような仕事に出会い、充実した新しい人生を切り開いていって欲しいと思います。
幼稚園教諭保育士

NHK「平成若者仕事図鑑」は,社会へ出ることを考え始めた,10代後半~20代前半の方に,さまざまなジャンルの職業を紹介し,その特徴や魅力について考えてもらう,「仕事ガイダンス番組」です。毎週火曜日 よる11時30分~55分(NHK教育)/再放送:毎週金曜日 よる7時35分~8時(NHK教育)
幼稚園教諭保育士

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

ページトップへ