名物先生

大﨑利紀子先生|横浜高等教育専門学校

投稿日2021/7/2

 

私は、児童科保育課程主任教員の大﨑利紀子です。
本校は、短期大学などの併修なしで、2年間で保育士資格と幼稚園教諭免許を卒業と同時に取得することができる県内でも数少ない専門学校です。

保育者は、こども達と信頼関係を築くことがとても大切です。そのためにはこども達をまるごと受け止めていく姿勢が必要です。そして、近い将来保育者になる学生自身にとって必要なことは、何よりも相手としっかり向き合う信頼関係だと思います。多くの学生達は、友人関係などを含む学校生活、実習、そして家族関係など何らかの心配ごとを抱えています。そこで私は、できるだけ昼休みに教室に行き、学生一人ひとりに声を掛けています。すると、何気ない一言でも学生達は安心した様子を見せてくれます。本校の特色でもある担任制だからこそ、きめ細かに学生の様子に目を配ることができるのだと思っています。
また学生達は、卒業後も仕事のことや、結婚などプライベートのことまで相談、報告に来てくれます。在学中から長い付き合いができる関係をつくっていってくれたらうれしいです。

授業は、実習や就職後を視野に入れたカリキュラムを中心にして、実践的な指導を行っています。私の担当する「保育方法・教材活用」や「児童文化」の授業では、牛乳パックやトイレットペーパーの芯などの廃材を使った人形やおもちゃ作りをしています。このほか、手袋シアター、パネルシアター作り、素話など、学生達にできるだけ多くの引き出しをつくってあげたいと考えています。
また、授業では、グループ活動も多く取り入れています。保育現場では「主体的な学び」を大切にしていますが、本校も同様です。学生達が提起した保育に関するテーマに基づいて、それぞれ調べてきたことを発表しあうなど、いろいろな機会を通じ、保育者としての専門性を高めています。そして、2年間の集大成として2年生の12月には、学生達による劇、ダンス、人形劇、パネルシアター、合唱、ピアノなどの発表会があります。学生達が自主的に発表したいプログラムや内容を決めて、各グループが話し合いを重ね、協力し合い、時には意見がぶつかることもありますが、自分達で創り出していくことの体験は、保育現場でも大きな力となると信じています。

就職については、毎年希望する学生が全員就職をしています。就職指導では、丁寧に一人ひとりの学生の話を聞き、学生の個性を大切にしながらアドバイスをしています。

保育者の仕事は、やりがいのある本当に素敵な仕事です。ぜひ、みなさんも本校で保育者としての資格をしっかり取得し、こどもの心に響く素敵な先生になって欲しいと思います。