名古屋文化学園保育専門学校

名古屋文化学園保育専門学校「保育園で働きながら勉強しています」

投稿日2022/5/15

丹下晴人君 夜間コース2年生

名古屋大谷高等学校卒

まつかぜ保育園(名古屋市昭和区)勤務(保育補助)

 

 

どうして保育?

高校3年生の時、進路どうしようかなと悩んでいたら、ある園で園長をしていた祖母から、子ども好きなら保育士とかどう?と言われて保育のことをいろいろ調べました。
こどもたちかわいいな、やりがいあるいい仕事だな、と思ったので、保育の道を志しました。

 

 

どうして本校?

保育の専門学校を探していました。
金銭面から働きながら学びたいと思っていたので、夜間コースを志望しました。
卒業と同時に資格がとれるのも魅力でした。

 

 

好きな授業

身体を動かす系の授業が好きです。
体育の授業で、バルーンをしたりドッジボールをしたのが楽しかったです。

 

 

昼間の仕事の内容

保育園で働いています。
9時に出勤。まっすぐ自分のクラスに行きます。
17時まで保育室でこどもたちのお世話をしています。
縦割り保育なので、クラスには1歳~5歳のこどもたち17人がいます。
正職2人、臨職2人の4人でこどもたちをみています。
縦割りクラス面白いの面白いところは、こどもたちの関わり方です。
大きな子が小さな子のお世話をしたり、下の子が上の子がやっているのをみて真似したりしています。
工作の時の時などは、1歳とかの小さな子に先生がついて、補助しながらすすめます。

 

 

昼間の仕事 夜の勉強

両立できていると思います。やる前に考えていたよりはやれているのではないかなと思います。
授業は眠たいけれどがんばっています。
意識的に、仕事モード、学生モードとを使い分けているわけではないですが、自然と切り替えができているのかなと思います。

 

 

学校生活

勉強は好きじゃないので、勉強は楽しいかって言われたらちょっと悩みますが、学校自体は楽しいです。
ともだちと話している時も楽しいですし、イベントも楽しいです。
昼間部同様、バレーボール大会や運動会があるのがうれしかったですし、実際とても楽しかったです。

 

 

将来の夢

こどもに好かれる保育士、信頼してもらえるような保育士になりたいと思います。