各校からのニュース

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

三好文化幼稚園教諭に聞く! 幼稚園教諭って?

投稿日2019/5/22

名古屋文化学園の三好文化幼稚園教諭方に、幼稚園教諭のオシゴトって?という問いをなげかけてみました!

どんな答えが返ってきたでしょうか・・・!

 

 

 

 

・昨日できなかったことが今日できるようになるそんな日々の成長を一緒に喜んだり、大人が見逃してしまうような日常の中に散らばっている小さな発見に驚かされたり、1日として同じ日がない毎日を楽しむことのできる素敵な仕事です。

 

・生活や遊びの中で、こどもたちの「できた」を感じられる新しい仕事です。できなかったことができるようになった時の表情は本当に輝いています。明るく元気一杯のこどもたちと共に自分自身の「できた」も探してみても良いですね。

 

・この職についてこどもたちの日々の成長を一番近くで見ることができ、一緒に喜びまたその成長を親と共有して喜べることに幸せを感じています。

 

・日々こどもたちの笑い声に囲まれて過ごせる職場です。成長を1番近くで見ることができ、こどもたちから沢山あり、毎日新鮮です。

 

・毎日元気いっぱいのこどもたちと触れあい自分自身もこどもと一緒に成長する事ができる職です。色々なことにとても嬉しいことです。きらきらと輝くこどもの笑顔は宝物ですよ。

 

・毎日笑顔あふれるこどもたちと過ごすことで、自然と私の笑顔の時間も増えました。こどもたちと一緒に喜び、楽しみ、時にくやしい気持ちを分かち合ったりする事で、自分の成長へと繋がりました。

 

・毎日こどもたちの笑顔に囲まれて常に近くで成長していく姿を見ることができ、担任をもっていて本当に感動する日々だと思っています。1日1日毎日発見があり私自身にとっても勉強。大変やりがいのある職業です。

 

・私は、幼稚園教諭になる前に小学校教諭として勤めていました。学生時代の幼稚園教諭になるという夢が捨てきれずこの園に就職して現在に至っています。小学校では主に集団行動や学習を主にこどもの成長を伸ばすことに努力しておりました。そのこどもの成長を感じる嬉しさがありましたが、幼稚園では小学校以上にこどもたちの成長を見届ける事ができ、日々「できた!」と喜ぶこどもたちの姿を見ることができ、より教諭としての喜びを感じる事ができています。また幼児期という大切な成長過程を任せて頂き、1年の達成感もやりがいとなっています。そんな喜びや達成感を味わえる仲間を歓迎しています。

 

 

・こどもたちの笑顔や保護者の方から、”ありがとうございます”という言葉に毎日やりがいを感じています。1日1日新しい発見があったり、担任をもつと1年間のこどもの成長をそばで見守ることができると思います。

 

・私は幼稚園教諭として働くことは、こどもたちの様々な成長を身近で感じることができ、こどもたちと一緒に喜ぶことのできる素敵な職です。日々の保育から実感し、この仕事を誇りに思っています。

 

・大好きなこどもと関わる事ができ、少しずつ成長を感じられるやりがいがあります。小さな成長を見落とさず、励まし、大きな成長へと手助けできる保育が理想です。

 

・毎日の生活の中で「できた」がどんどん増え、成長を一緒に喜べることにやりがいを感じます。また「ありがとう」に溢れ、こどもだけでなく大人も笑顔になることができる幸せな職です。

 

・毎日の生活の中で、こどもたちの小さな成長や1つの”できた”を一緒に喜ぶことができ、その度にやりがいを感じます。こどもたちの笑顔や「せんせいだいすき」の一言が原動力となります。大変なことももちろんありますが、この子たちのために,,,と思うと乗り越えられます。大好きなこどもたちの一番近くで成長を見ることができ本当に幸せです。

 

・こどもたちが日々、成長していく姿や、笑顔を見ることができ、とてもやりがいを感じます。自分が考えたことを楽しんでもらえたり、一緒に1つの物を作り上げる事が楽しいです。こどもたちの想像力、パワーに感動します。

 

・こどもができないことに一緒に挑戦してできるようになった時、こどもと一緒に自分も成長をできる感じがしてやりがいを感じます。